ソリューション
ベンチマーク内容

最高のベンチマークインテリジェンス

当社では、利用できる電動車両、機器、システム、コンポーネントを包括的に標準化した詳細な文書を提供しています。当社では自動車業界を中心にトラック、オートバイ、建設、農業などの各種業界もサポートしています。

車両解体、計測、イメージング、3D光学スキャンとセクショニングのエキスパートとして標準化したアプローチを使用してすべてのデータを体系的に取り込みます。データはお客様のチームが効果的な分析を完了できるように設計されたWebからアクセス可能なソフトウェア経由でユーザーフレンドリーな形式で提供します。当社のお客様は600,000以上の部品が揃っている当社倉庫を利用して社内分析をさらに進めるメリットも受けられます。

包括的なポートフォリオを探る

市場に関する書類作成

メディア向けの資料/OEMプレス情報

世界各国における新車の紹介、モデルチェンジ、新技術に関する最新ニュースを入手してください。データは主要な自動車ショーの前後や開催中にオンラインでのOEMプレス情報とともに毎日更新されます。データは集中型プラットフォーム1か所で変換され、提供されます。

モーターショーの写真取材

乗用車、商用車、オートバイ、農業機器、建設機器でご利用いただけます
毎年開催される主要なモーターショーのすべてにおいて最も包括的な写真取材を行う当社のプログラムでは、車両1台につき標準化した画像を最大500枚まで揃えた500万枚以上の写真をデータベース化しお客様が最新モデルの改良点やコンセプトをレビューし現在の設計言語の進化を理解し地理的位置と車両との比較を行えるようにしています。

仮想ベンチマーク

車両全体の3Dスキャン

当社では、車両全体の外装、内装、アンダーボディとホワイトボディの表面を3Dスキャンして、1:1スケールの3DモデルをSTL形式で提供します。当社からのモデルを3D環境にインポートして正確な測定を行い一般的な設計を効果的に比較します。 また、SAE J826とJ1100に合わせた数百の重要な乗員パッケージ測定値を開発しています。

バーチャルリアリティー

メッシュ部品とテクスチャを含むバーチャルモデルにより非常に現実的環境でお客様の車両を競合他社の車両と比較してベンチマークを行います。モデルは没入型システムまたはリアルタイムの3D視覚化ソフトウェアのいずれかで直接使用できます。

イノベーションベンチ - 部品3D

当社では、ありとあらゆる車両部品を3Dスキャンしたものを提供します。スキャンはCADソフトウェアやプラグインのない直感的で統合されたWebベースのプラットフォーム上でアクセスできます。当社の新たなソリューションはお客様のチームがあらゆる車両や部品に3Dで簡単にナビゲートできるだけでなくA2Mac1のデータをすべてまとめて即座に洞察を得てお客様の革新プロセスを促進するのに役立ちます。

物理的なベンチマーク

車両全体のティアダウン

乗用車、商用車、オートバイ、建設機器でご利用いただけます。
世界最大規模の徹底した車両ティアダウンに関するドキュメンテーションプログラム。  ティアダウンに関する当社のデータベースには700台を超える完全に解体された車両に関して検索可能なデータベースがありお客様は文書化された部品をファスナーレベルまで詳細に分析・比較できしっかりとした報告書を迅速に生成してエクスポートできます。お客様はさらに社内分析のために部品を借りることもできます。

ホワイトボディ分析

ホワイトボディ(BIW)に関する当社の詳細分析にはフレーム全体の3Dスキャン、個々のスタンピングアイソレーション、IGESファイル形式で提供される数十の典型的な断面が含まれます。個々のパネルの測定は厚さ、硬度、化学組成に関連して実施・記録するのでユーザーはBIWアセンブリ戦略を評価し個々のパネル質量および設計属性を比較し強化されたソリューションを検討することができます。

シャーシ分析

シャーシコンポーネントに関する当社の詳細分析によりシャーシソリューションや技術が簡単に比較できベストプラクティスを特定します。当社では、3Dスキャン、解体に関する情報、金属板の硬度、厚さ、および化学組成、ハードポイントの位置と測定値、断面、詳細な技術的機能の比較特性を提供します。

エンジン分析

すべてのエンジン部品と関連システムの詳細分析により競合他社のエンジン戦略を見抜き、競合他社のエンジンアーキテクチャを比較しパッケージング効率を評価します。当社では、平均してエンジン1台につき2000件の特性、機能的な測定、3D測定、機能的な回路図面、シリンダーヘッドのCTスキャン、ハイライトレポートなどを提供しています。

ヒューマンマシンインタフェース分析

ヒューマンマシンインタフェース(HMI)および車載インフォテインメント(IVI)システムに関する当社の詳細分析を利用して最新技術について常に把握してください。データベースでは主要なHMIシステムの機能、メニューアーキテクチャ、ディスプレイ機能を提供するのでソリューション、ユーザーエクスペリエンス、接続性、先進運転支援システム(ADAS)起動機能などを迅速な評価を可能にします。

座席分析

このプログラムは、北米の大手座席メーカーと協力して開発されシートセットに関する包括的なベンチマーク分析を提供しています。ベンチマークインテリジェンスやシートの大量在庫を利用して社内で分析をさらに行うことができます。

照明分析

主要技術を搭載した車両照明システムに関する詳細な分析により、お客様は競合他社の照明システムの組立、設計方法、品質を評価して革新的なソリューションに敏感に対応することができます。この分析には機能説明、3Dスキャン、ティアダウンに関する資料が含まれており照明システムに関する当社ライブラリの部品も利用できるので社内での分析をさらに進めることができます。

2D内装/2D外装分析

高度な2Dプログラムでは約100件にも及ぶ典型的な内装および外装の断面を作成し、最も重要なサブシステムにおけるDXFおよびIGESファイル形式の断面レンダリングを提供します。車両全体に関する主な注視点がすべて分析されることにより、お客様は材料と技術の動向をレビューし組立と設計方法を分析し競合他社の車両で気づいた品質を評価できるようになります。

電気アーキテクチャ

指先で電気システム全体を分析することにより競合他社の車両における電気アーキテクチャを迅速に評価することができます。このデータベースにはすべてのコネクタとワイヤーハーネスに関する包括的なレビュー、地上データとバスデータおよびトポロジーに関する徹底した調査が含まれています。

エレクトロニクス

エレクトロニクスインテリジェンスでお客様は最新技術を評価して設計の高度化を行い競合する車両の電子機器の総数と使用量を評価することができます。このデータベースには、エレクトロニクスモジュールのティアダウンに関する資料、印刷した回路基板およびコンポーネントのレビュー、材料の明細と詳細な写真が含まれています。

EV/ハイブリッド分析

電化機能の回路図面バッテリー管理システムの報告書など、あらゆる高電圧コンポーネントと技術に関する詳細な調査を行っています。また、バッテリーセルの内部構造、化学組成、カソード/アノード/セパレーターのアーキテクチャ、個々のセルの充電/放電特性に関してかなり詳細な分析を行っています。このプログラムは北米のRicardo Engineering services エンジニアリングサービスと協力してヨーロッパ、アメリカ、中国の各市場で行っております。

機能ベンチマーク

Autoneum社による音響特性

Autoneum 社と協力して開発した音響プログラムによりサウンドパックの部品と車両全体の音響性能を評価・比較することができます。この分析には、運行用の道路測定と伝達関数が含まれます。 遮音部品については材料の構造的および音響的特性を提供する。

原価計算

エレクトロニクスの原価計算

Ecs Beratung and Service GmbH社と協力して、選択された高電圧モジュールなどの電子モジュールにおける原価評価を行います(部品表および製造プロセス手順に関する詳細な原価計算が含まれます)。当社におけるダイナミック原価計算ツールを利用することによりお客様は計算パラメータを変更するだけで原価シミュレーションを実施することができます。当社のKPI(重要業績評価指標)および重要ポイントに関する報告書を使用して即座に洞察を得ることができます。

組立

車両1台あたりの設計時間

標準化されたeHPV評価のデータベースを使用して競合他社の車両の組立時間を比較して生産性に優れた設計に関する洞察を得るとともに、実装プロセスのベストプラクティスを特定します。当社における車両解体プログラムから派生したプロセスでドイツの大手OEMと協力して開発されMTM-UASの基準とドイツ自動車工業会(VDA)の推奨事項(車車両のティアダウンで標準化されたeHPV評価に関する勧告4812)に従っています。

メリット
  • 効果的な比較
    当社の方法はクラス最高です。データ収集の標準化された繰り返し可能なプロセスにより安定して比較可能なデータが保証されます。
  • クイック分析
    ユーザーが使いやすい検索ツールと比較ツールを使用することによりお客様のチームがデータをナビゲートして洞察を抽出することが容易になります。
  • スマートセービング
    お客様がリソースを分析に集中させ、ベンチマークにかかるコストを大幅に削減できるようにしています。
  • 相互のメリット
    メーカー、サプライヤー、材料メーカーと提携することにより業界で最も有利なコスト・ベネフィット・レシオを提供します。

部品展

ベンチマーク部品を利用して分析をさらに進める

当社では2001年以来車両解体プログラムで収集したコンポーネントを保管しています。 お客様は600,000件を超える部品を保管している当社ライブラリを利用して社内におけるさらなる分析を完了させることができます。当社施設では部品を借りたりお客様の現場でベンチマークワークショップを開催したりします。車両を完全に解体した部品を借りたり特定のシステムやトピックスに重点を置くことができるためお客様のチームはワークショップ、ブレーンストーミング、深く掘り下げた分析を行うための設備が整っています。

当社ソリューションに関心がありますか?
問い合わせてみる
A2Mac1 - Automotive Benchmarking